ホームページの作成、リニューアル、更新のお悩みを解決します。誰にも相談できない、相談する人がいない、そんな悩みをもつ経営者さんは今すぐご相談下さい。立川、日野、多摩、府中
2018-10-03

ランディングページは検索には引っかからないのは当たり前です。

行動

私の知り合いの行政書士さんが「超有名なホームページ制作業者に35万円でランディングページを制作してもらったけど、全然グーグルの検索結果に引っかからない」とおっしゃいました。

どれどれ?とランディングページを見せてもらいました。それで、私の感想は「いやいや、とても良いランディングページで、物凄くきちんと制作されています。さすが、有名なホームページ制作業者さんだけあります。」とお伝えしたのは言うまでもありません。

では、なぜ検索にひっかからないか?と言えば、それは当たりまです。だってランディングページですから。

ランディングページの目的は、ランディングページを見たお客様に考える時間を極力少なくして、即電話をしてもらう、商品やサービスを購入してもらう、注文してもらうことにあります。

そのため、普通のホームページとは違い、もともと企業が持っている見込み客リストなどで、見込み客に対しメールやメルマガを送付して、ランディングページのアドレスをクリックしてもらうことでダイレクトに誘導する仕組みを取る、もしくは、GoogleやYahoo!のリスティング広告をクリックしてもらい、ダイレクトにランディングページに誘導することになります。

ですから、GoogleやYahoo!の自然検索で上位に入らないとかは問題ではないのです。ランディングページは普通のホームページとは違い、元々自然検索から来てもらう仕組みを取っているわけではありませんので、検索にひっかからないから駄目ということではありません。

それに、ランディングページは、1枚ペラのホームページですから、当然GoogleやYahoo!の検索には引っかからいにくいのは当然です。

結論としては、その知り合いの方のランディングページの使い道の認識が違っていたのです。

ホームページとランディングページは、目的が違いますから、これからランディングページがほしい、という方はきちんと目的を認識して発注してくださいね。見込み客リストがないとか、リスティング広告に投資する気がない人は特にそうですが、ランディングページの目的を理解しないと「検索にひっかからない!!」なんて悩むことになります。

関連記事
ホームページで迷ったらお電話を